第17回 長野県女子アイスホッケー選手権大会

先月、11月28日に風越公園アイスアリーナで行われた
17th長野県女子IH選手権大会のレポです。

この大会は全日本女子Bプール予選会も兼ねた大会になっています。
なんと、軽井沢IHレポート初の女子大会のレポートです!
なかなかレポできなかった女子のアイスホッケー、やっとレポする事ができました。

              軽井沢フェアリーズ(黄)vsポーラスターレッツ(白)
f0193466_2231442.jpg


1P:フェイスオフからフェアリーズがパックをキープし攻め込んで行きます。
6’47” フェアリーズがAゾーンでパスを回し、#10田中の後方からのシュートが決まり先制点。(A25.佐藤(つ))10’22”には#31小池(佑)が持込みノーアシストのゴール。
ポーラスターもチャンスを伺いますが、なかなかシュートまで行けません。
12’53” フェアリーズがAゾーンフェイスオフの出たパックを#37山口がシュートし追加点。
14’44” にはカウンターから攻め込み#25佐藤(つ)から#13松本へと繋ぎゴール。
軽井沢フェアリーズがリードを広げ1P終了。
   フェアリーズ4-0ポーラスター(SOG:11-3)
f0193466_2232155.jpg


2P:3’26” フェアリーズ#14佐藤(新)がゴール。(A45中島.10田中)
その後は、フェアリーズが積極的にシュートを打っていきますが得点には結びつかず、ポーラスターはがんばって守っています。
そのポーラスターにPPのチャンスが来ますが、なかなか攻め上がれません。
フェアリーズはNゾーンでパスカットし攻撃を阻止。PKを守りきります。
   フェアリーズ1-0ポーラスター(SOG:21-5)
f0193466_22324129.jpg


3P:開始1’04”フェアリーズが#29柳沢から#37山口へ、ドリブルで上がりゴール。
フェアリーズがパスを繋ぎ攻め込んで行きAゾーンでのプレーがつづきます。
ポーラスターはチャンスを伺いますが、攻め込む事ができません。
勢いに乗るフェアリーズが得点を重ねます。
5’31” #37山口がゴール前のパックを押込みゴール。(A31小池佑)
6’33” PPで#25佐藤(つ)の右サイド後方からのシュートが決まる。(A14佐藤新)
11’24” #22原がゴール裏から回り込みゴール。
終盤、ポーラスターにPPのチャンスがきますが、フェアリーズはしっかりと守り試合終了。
   フェアリーズ4-0ポーラスター(SOG:21-5)
f0193466_223371.jpg


軽井沢フェアリーズ9-0ポーラスターレッツ

軽井沢フェアリーズ快勝!
f0193466_22335085.jpg


2nd-3rd風越カップで活躍した
#13松本選手も
1Gとがんばっていました。



ポーラスターレッツ、1点がほしかったですねー。がんばれー!


f0193466_22345140.jpg

MVPはこの試合2G.1Aとみごとなプレーをした軽井沢フェアリーズ#37 山口選手が選ばれました。
[PR]

  by karuizawa-hockey2 | 2010-12-16 22:43 | 軽井沢での大会

<< 第19回 軽井沢少年アイスホッ... 第66回 国体冬季大会アイスホ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE